Office aya9 ~成長を楽しむためのパートナー~

会社のリスクを認識し、分散し、コントロールするためのお手伝い

年金制度

年金生活者支援給付金は「給付金」です!

令和2年11月現在のデータです。 年金生活者支援給付金は、消費税の増税に伴い、所得が少ない年金生活者を支援する目的で本来の年金支給額に上乗せして支給するために制度化されました。 恒久的な制度ですから増税時に一度だけ支給されるものではなく、支給要…

障害年金の請求方法と支給開始月

障害年金を受けるための3つの要件 認定日請求(本来請求) 遡求請求 事後重症請求 障害年金を受けるための3つの要件 障害年金を受けるためには「3つの要件」をすべてクリアしなければいけません。 詳細についてはこちらをご覧ください。 www.ayanine.work …

同一傷病かつ同一初診日で障害年金を再請求する場合における初診日証明書類の取扱いについて(通知)

8月27日付で表題の通知文書が厚生労働省年金局から発出されています。 適用されるための条件は次の2つです 。 過去に障害年金を請求したものの、不支給と決定された。 症状が悪化した等の理由により、同一傷病かつ同一初診日で障害年金を再請求をする。 注…

65歳以後の在職老齢年金の計算方法/在職定時改定(R4.4.1~)

概要 用語 基本月額の定義/厚生年金基金に注意! 計算方法 在職老齢年金による調整後の年金支給月額の計算式 留意事項 支給停止期間や支給停止額の変更時期 支給停止期間 支給停止額の変更時期 在職老齢年金を受けている方が退職したとき 在職定時改定の導…

年金支給の繰上げ、繰下げによる損益分岐年齢までの計算

繰上げ支給の損益分岐年齢「16年8か月」の計算根拠 繰下げ支給の損益分岐年齢「11年10か月」の計算根拠 繰上げ支給の損益分岐年齢「16年8か月」の計算根拠 年金を繰り上げて受給開始をした場合、受給開始から「16年8か月(200か月)超の生存で不利」になりま…

生命表を使って年金支給の繰上げ・繰下げ時期による有利不利を検証する

5月29日に年金改革法が成立しました。今回の改正目的は、より多くの人がより長く多様な形で働く社会へと変化する中で長期化する高齢期の経済基盤の充実を図るために年金制度の見直し措置を行うためとされています。 改正法には種々の改革が盛り込まれていま…

60歳台前半(60歳から65歳未満)の在職老齢年金の計算方法

概要 計算方法 在職老齢年金による調整後の年金支給月額の計算式 留意事項 支給停止期間や支給停止額の変更時期 支給停止期間 支給停止額の変更時期 在職老齢年金を受けている方が退職したとき 法改正 概要 65歳未満で在職し厚生年金の被保険者となっている…

個人士業事務所の追加で法定16→17業種へ(R4.10.1~)

現在、国会で審議されている年金関連法の改正案では「多様な就労を年金制度に反映する被用者保険の適用拡大」も柱の一つとなっています。要するに厚生年金の被保険者を増やそう、ということです。 このうち、短時間労働者もどんどん被保険者にしていこう、と…

障害年金の制度をご存知ですか?

「年金」と言えば原則65歳以上になったときに受け取ることができる老齢年金が真っ先に思い浮かびますが、「障害」を原因とする年金も制度化されています。 病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合、65歳に達していない若い世代の人で…

老齢年金受給開始時期の選択肢拡大(R4.4.1~)

現行の繰上げ・繰下げ制度 繰下げ受給の上限年齢の引上げ 繰上げ減額率の見直し 上限年齢以降に請求する場合の上限年齢での繰下げ制度 70歳以降に請求する場合の5年前時点での繰下げ制度 加給年金・振替加算を受給しつつ繰下げを選択する方法 現行の繰上げ・…

公的年金や私的年金の加入可能年齢と受給開始選択年齢の見直し(R4.4.1~)

私的年金の拠出と給付の仕組み 改正後の公的年金や私的年金の加入と受給の全体像 企業型DCの加入可能要件の見直し 個人型DC(iDeCo) の加入可能要件の見直し 受給(支給)開始時期の選択肢等の拡大 1.確定拠出年金(DC)の受給開始時期の選択肢の拡大 2.確…

障害認定基準の改正履歴

【出典】日本年金機構HP「障害認定基準改正に関すること(障害年金)」 【参考HP】 日本年金機構「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準」 平成29年12月1日の障害認定基準改正 平成28年6月1日の障害認定基準改正 平成27年6月1日の障害認定基準改正 平成26年6…

一時帰休による休業手当等が支払われた場合の標準報酬月額の決定・改定

厚生年金保険法、健康保険法による定時決定と随時改定について、休業手当等が支払われた場合の標準報酬月額の決定・改定についてまとめています。日本年金機構のHPににある「標準報酬月額の定時決定及び随時改定の事務取扱いに関する事例集」の中に書かれて…

離婚による年金の合意分割

合意による保険料納付記録の分割は、婚姻期間中の夫婦それぞれの厚生年金保険の標準報酬の額を合算したうえで按分割合を決めることで行われます。 私はパートタイムで働く妻で、夫はフルタイムで働くサラリーマンです。私は厚生年金保険には加入していますが…

離婚による年金の強制分割(サラリーマンの妻で専業主婦であった期間)

サラリーマンの妻である専業主婦(第3号被保険者期間のある被扶養配偶者)が離婚した場合、離婚から2年以内であれば平成20(2008)年4月1日以後の夫の厚生年金の保険料納付記録を強制的に2分の1ずつ分割することができます。 分割するのはあくまでも「保険料…

Office aya9 のプライバシーポリシーをこちらに掲載しております。