相続対策

法務局における自筆証書遺言書の保管制度

令和2年(2020年)7月10日から、法務局において「自筆証書遺言」による遺言書の保管制度が創設されています。 自筆証書遺言書保管制度の概要 遺言者の手続き 遺言者が遺言書を預ける(遺言書の保管の申請) 遺言者が預けた遺言書を見る(遺言書の閲覧) 遺…

遺留分を配慮しないと相続が争続になる

遺留分とは 遺留分のある権利者、ない権利者 遺留分の割合 遺留分を計算において基礎になる財産の確定 贈与財産の額 遺留分侵害額請求権の時効 遺留分の放棄 遺留分とは 遺留分とは、民法上、一定の相続人に認められている最低限取得できる財産の割合のこと…

遺産分割前の相続預金の払戻し制度

制度の概要 家庭裁判所の判断を経ずに払戻しができる制度 家庭裁判所の判断により払戻しができる制度 従来の制度 平成28年12月19日の最高裁判決まで 従来の取扱いが否定された平成28年12月19日の最高裁判決 相続された預貯金債権について,生活費や葬儀費用…

遺言書の作成が特に必要な方

法定相続ではない相続を望むのであれば遺言書は必須アイテム 遺言書の作成が特に必要な方 子供がいない場合 事実婚カップルの場合 結婚はしているが別のパートナーとカップルの場合 生存している配偶者や血族がまったくいない場合 子どもの配偶者に財産を相…

法定相続人の範囲と順位

相続人 配偶者相続人 血族相続人 第1順位の相続人 第2順位の相続人 第3順位の相続人 相続人 相続人となる人は民法に定められています。相続人は「配偶者相続人」と「血族相続人」の2つに大別されます。 配偶者相続人 配偶者は常に相続人となります。 配…

「とりあえず遺言書」作成のススメ

とりあえず「遺言書」 遺言書の存在は家族に伝えておく 「争続」を発生させないために とりあえず「遺言書」 とりあえず、でも構いません。遺言書は書いてありますか。 あなたの年齢は関係ありません。若い方であっても、いつ、不慮の事故に巻き込まれるかも…

家族信託用の証券口座を楽天証券が取り扱い開始

家族信託をする場合に、金銭なら銀行に信託口 口座を、不動産であれば法務局で信託登記をすることになりますが、上場有価証券については信託口 口座を開設できる証券会社を探すことは非常に困難でした。 そんな中、楽天証券では昨日(4月27日)から家族信託…

法定相続情報証明制度

不動産の登記名義人(所有者)が死亡したときは所有権の移転の登記(相続登記)が必要となります。しかし、最近は相続登記が未了のまま放置されている不動産が増加しており、いわゆる所有者不明土地問題や空き家問題の一因となっていると指摘されています。 …

相続放棄

被相続人の財産に建物が含まれる場合、その建物を自ら使うのか、賃貸にするのか、売却するのか、取り壊すのかを早急に決めなければいけません。取り壊し費用が全相続財産の価値を上回る場合は、相続の放棄も視野に入れなければならないからです。 相続の放棄…

家族信託の使い方

最近よく聞く「家族信託」とはどのような制度ですか。 「家族信託」は「信託」の制度を使って相続紛争問題や認知症リスクを回避・軽減させるために使われます。「信託」には財産管理のお願いをする「委託者」、財産管理を託される「受託者」、その財産から発…

プライバシーポリシーはこちら