Office aya9 ~労働法・社会保険のサポートをします!~

国民年金や厚生年金などの「公的年金」や確定拠出年金(DC)などの「私的年金」、障害年金、社長の年金戦略などの年金エキスパートです。併せて企業戦略・防衛に即した退職金制度設計や就業規則の見直しを得意としています。

中小事業主掛金納付制度(iDeCo+、イデコプラス)

iDeCo+ロゴ

 

f:id:office_aya:20190907095945g:plain

 中小事業主掛金納付制度(iDeCo+、イデコプラス)とはどのような制度ですか。

 

f:id:office_aya:20190907095955g:plain

 一定の要件を満たしている中小事業主に使用される従業員が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入している場合、中小事業主が必要な手続き等をとることにより従業員の加入者掛金に対して、中小事業主が中小事業主掛金を上乗せ(追加)して拠出する制度のことです。

 

イメージ

【出典】厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00982.html

 

 

f:id:office_aya:20190907100008g:plain

 iDeCo+を実施できる「中小事業主」とはどのような事業主ですか。

 

f:id:office_aya:20190907100023g:plain

 従業員(使用する第1号厚生年金被保険者)が100名以下である事業主です。

 なお、導入に際しては労働組合(ないときは従業員の過半数を代表する者)の同意を得ることが要件になります。また、企業型確定拠出年金、確定給付企業年金、厚生年金基金を実施していないことが前提になります。

 

 

f:id:office_aya:20190907100039g:plain

 事業主掛金の限度額はいくらですか。

 

f:id:office_aya:20190907100051g:plain

 事業主掛金の額とiDeCo加入者(従業員)の掛金と合計して、1か月あたり5,000円以上2万3,000円以下(1,000円単位)となるようにします。

 なお、iDeCo+はiDeCoに加入している従業員の掛金に上乗せして事業主が掛金を拠出する制度なので、iDeCo加入者の従業員は最低1,000円以上の掛金を拠出する必要があります。

 

 

f:id:office_aya:20190907095945g:plain

 従業員の職種によって事業主掛金の額に差をつけることはできますか。

 

f:id:office_aya:20190907095955g:plain

 事業主掛金の額は原則として拠出対象者全員が同額となるように決定しますが、例外として「一定の職種」「一定の勤続期間」ごとに掛金の額を決定することができます。しかし、この場合においても「同一の職種間」「同一範囲内の勤続期間」で事業主掛金の額に差をつけることはできません。


【参考HP】

  iDeCo公式サイト

  iDeCo+ リーフレット

  f:id:office_aya:20200506105546j:plain

  f:id:office_aya:20200506105608j:plain

 

  iDeCo+ 導入ガイド

  f:id:office_aya:20200506105442j:plain

 

 

 

 

Office aya9 のプライバシーポリシーをこちらに掲載しております。