Office aya9 ~成長を楽しむためのパートナー~

会社のリスクを認識し、分散し、コントロールするためのお手伝い

離婚による年金の強制分割(サラリーマンの妻で専業主婦であった期間)

 

ポイント

 サラリーマンの妻である専業主婦(第3号被保険者期間のある被扶養配偶者)が離婚した場合、離婚から2年以内であれば平成20(2008)年4月1日以後の夫の厚生年金の保険料納付記録を強制的に2分の1ずつ分割することができます。

 分割するのはあくまでも「保険料納付記録の分割」で「年金の分割」ではありません。

 なお、ここでは「第3号被保険者(被扶養配偶者)」をわかりやすく解説をするため「サラリーマンの夫」や「専業主婦の妻」と書きますが、男女が逆であっても考え方は同じです。

 

f:id:office_aya:20190907095945g:plain

  私は専業主婦です。離婚時に一定の手続きをすることによりサラリーマンの夫の厚生年金の一部を分割できる制度があると聞きました。どのような制度ですか。

 

f:id:office_aya:20190907095955g:plain

 婚姻期間中に扶養されていた配偶者(第3号被保険者)がいる場合、その期間における相手方(第2号被保険者)が負担した保険料は2人分を共同して負担したという考え方に基づく制度です。

 これにより夫婦が離婚して一定の手続きをした場合は、原則として夫の厚生年金の保険料納付記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ当事者間で分割(強制分割)することになります。

 

 

f:id:office_aya:20190907100008g:plain

 分割にあたり夫(第2号被保険者)の合意や承諾は必要ですか。

 

f:id:office_aya:20190907100023g:plain

 合意や承諾は必要としていません。また「2分の1ずつ」の分割割合を変更することはできません。

 

 

f:id:office_aya:20190907100039g:plain

 私が専業主婦(第3号被保険者)であった期間のすべてが分割の対象になるのですか。

 

f:id:office_aya:20190907100051g:plain

 分割対象となるのは平成20(2008)年4月1日以後の期間のみです。その日前から専業主婦(第3号被保険者)であったとしても、平成20(2008)年3月31日以前は合意なく分割できる期間にはなりません。

 なお、夫(第2号被保険者)がその期間を対象として計算された障害厚生年金を受給している場合はその対象期間は除外されて計算されます。

 

 

f:id:office_aya:20190907095945g:plain

 対象となる期間分の夫の年金の半分が分割によって私の年金になるということですか。

 

f:id:office_aya:20190907095955g:plain

 分割の対象となるのは厚生年金(いわゆる2階部分)のみです。国民年金の老齢基礎年金(1階部分)や確定給付企業年金などの上乗せ給付(3階部分)は分割対象にならないので、夫の年金が半分になるわけではありません。

 

 

f:id:office_aya:20190907100008g:plain

 5年前に離婚したのですが分割の請求ができますか。

 

f:id:office_aya:20190907100023g:plain

 離婚が成立した日から2年を経過した場合は、原則として分割の請求をすることができません。

 なお、年金制度全般の特徴として、実際に婚姻の届出をしていなくても事実上婚姻関係と同様の事情にあったときは婚姻している場合と同様に取り扱います。したがって「同様の事情」が解消されたときであっても、2年以内であれば分割の請求をすることができます。

 

 

f:id:office_aya:20190907100039g:plain

 私は既に年金を受給していますが、分割の請求により私の年金の計算根拠となる標準報酬が改定されました。過去にさかのぼって年金の額が増えるのでしょうか。

 

f:id:office_aya:20190907100051g:plain

 改定された標準報酬は将来に向かってのみ効力を有するので、遡及して保険給付の受給権が発生したり年金額が改定されることはありません。

 

 

f:id:office_aya:20190907095945g:plain

 離婚が成立したのですが分割の請求をする前に夫が死亡しました。夫の死亡により私は分割の請求ができなくなったのでしょうか。

 

f:id:office_aya:20190907095955g:plain

 夫の死亡から1月以内であれば分割の請求をすることができます。この場合、夫が死亡した日の前日に分割の請求があったものとみなされます。

 

 

 

→【参考】日本年金機構のパンフレット 

 

 

 

 

 

Office aya9 のプライバシーポリシーをこちらに掲載しております。